乳がん(乳ガン/乳癌)の検診・症状・治療に関する正しい知識【ブレキャンガイド】
腹持ちの良い食材-とうもろこし

腹持ちのよいダイエットフード 空腹を乗り切る食品

ダイエット中、食べ物の誘惑を増幅させてしまうのが空腹ですね。脳が食べろと命令しているときはついつい手が出てしまうものです。
空腹だと感じる感覚を長くする腹持ちの良い食品を摂取するようにすれば、上手に食欲と付き合えるのではないでしょうか?

ダイエット中の"空腹"、和らげながら付き合うには?

体重の減量には色々と悩んでしまう場面がつき物ですよね。
たとえば、食事量を極端に減らしたことや早食いによる"空腹感"。つい我慢できずにお菓子なんかに手出してしまったなんてことがあったり……。

今日紹介するのは、綺麗にそしてスリムに痩せるダイエット術を豊富に紹介しているダイエットSlismです。

ポータルサイトSlismについて

ダイエットSlismは、健康的でキレイに痩せる方法を約200種類も扱っているサイトです。株式会社amazeが運営しており、個人に合ったスリム術が見つかるようダイエットスリズムでは様々な方法が紹介しています。
痩身法だけでなく、ダイエットに関する情報を発信するダイエットコラムや、特定のダイエットについて知識を深められるダイエット特集、知りたかった用語がきっと見つかるダイエット関連用語などが満載で、ダイエットに関する知識をきっと深めることが出来るでしょう。

空腹感を和らげる方法

さて、空腹をどうやってカバーしたら良いのか悩む人も多いと思います。しかし、カバーするのではなく、空腹を感じる感覚を長くしてあげるのはどうでしょう?

空腹を感じるのは消化しやすい食べ物ばかりを摂取することも原因なのではと考えられます。
消化吸収の早い食品は血糖値の上昇が急激に見られ、満腹中枢が刺激されて、食欲に静止がかかります。しかしその分、血糖値の低下や空腹を感じる時間も早くなるのではないでしょうか。

血糖値の変化により空腹感と満腹感があるということを考えると、消化吸収の遅い食品や消化しづらい食物繊維を摂取するようにすれば、満腹感を長めに維持するのは可能になるはずです。

消化しにくい食品、腹持ちの良い食品

  • 玄米
  • シリアル
  • えだまめ
  • 昆布
  • たこ
  • つぶ
  • とうもろこし
  • たけのこ
  • ソーセージ
  • ベーコン
  • パイナップル
  • キウイ
  • ナッツ
  • コーヒー
  • 紅茶

消化しにくいといわれている食品は、満腹感を長めに感じさせてくれると考えられていますが、その分胃に負担をかけることになります。中にはカロリーの高い食品も多くあるので、食べ合わせを考えるように心がけると良いでしょう。

-----

ダイエットSlismでは、ご飯やパンについての食べ合わせや消化しづらい食品、気になる美容面や健康についての説明がされた食事ダイエットなど、個人に合った健康ダイエットを紹介しています。ダイエットに興味はあっても、空腹感が嫌という人など、ぜひ一度ご覧になって見てください。

消化しにくい食品ダイエット

ダイエット - ダイエットSlismDiet・Slismは、ダイエッターの痩せたいという願いを応援するダイエットサポートサイトです。ダイエットでは苦労する空腹。その空腹を感じるまでの時間を伸ばす(消化しづらい)食品を紹介します。

ダイエット関連記事の紹介

玄米ダイエット
http://slism.jp/method/meal-genmai.html

食物繊維の豊富な玄米を使ったダイエットについて解説しているページです。白米よりも噛み応えがあり、噛む回数を増えることにより満腹中枢が刺激されて、食事量が自然と減っていく人も多いとか……。玄米を使ったスリムを目指してみませんか?

枝豆ダイエット
http://slism.jp/method/meal-edamame.html

よくお酒の席にあがる枝豆ですが、その栄養素はとても素晴らしいものだったのです!豆類に含まれている成分には脂肪の吸収を阻害するものや、お通じを良くしてくれる成分まで含まれ、美容にもよい一面があるのです。

シリアルダイエット
http://slism.jp/method/meal-siriaru.html

シリアルには色々な穀類が含まれており、食物繊維をバッチリ補給することができます。シリアルはGI値が低く、消化しにくいため胃に残り、空腹感を和らげてくれるんだとか。噛み応えもあるシリアルは、咀嚼回数を増やして満腹中枢を刺激することにも繋がります。

  • <乳がんを知ることから始める>原因・症状や検診/治療方法など
  • <保険の有効性を知る>乳がん検診の費用・がん/女性保険の特徴など
  • <乳ガンに関するコラム>男性のケース・再発・自分で検診方法など