乳がん(乳ガン/乳癌)の検診・症状・治療に関する正しい知識【ブレキャンガイド】
女性保険

女性保険が増えているのには訳がある!

医療保険やがん保険などは、保険料に多少の違いはありますが、男性・女性の違いなく平等に保証が適用されます。
そのうえで女性保険という商品を扱う保険会社が増えているのは、女性特有の病気があるからです。

女性保険と医療保険との違い

通常の医療保険と女性保険の違いとして、最も大きいのが女性特有の病気に対しての、保証が手厚くなるということです。

女性特有の病気(女性特定疾病)とは?

女性と男性の体の構造の違いから、女性のみが発症する、また女性が発症しやすくなる病気があります。

当サイトでご紹介している「乳がん」、若い人に増えていると言われている「子宮がん」などを筆頭に、卵巣がんや膣がん、胎盤がんなど、癌だけでも数種類あります。

他にも子宮筋腫や子宮内膜症は、若年層に発症する割合が高い病気として有名です。

妊娠・分娩時に合併症を起こす危険性などもありますし、関節リウマチや腎不全などは女性に発症数が多い病気といわております。

医療保険よりも広い保証範囲

女性保険といいましても、特定の病気のみに対して保証を受けられる訳ではなく、通常の怪我や病気などでも通院、入院時に保証金を受け取ることができます。

特定の病気に対しては、規定されている保証金に対して上乗せする形で、倍以上のお金を受け取ることができるのが女性保険のメリットです。

医療保険では特約や高いプランになってしまう、先進医療や癌に対しても保証範囲となっており、特に20代から30代に最も多いと言われる女性特有の疾病の存在を考えると、通常の医療保険よりも保険料が多少高くなるとしても、女性保険の加入数が伸びているのは納得できるのです。

終身タイプ? 60歳払済タイプ? 積立タイプ?

女性保険には医療保険同様にいくつかのタイプ(プラン)があり、加入時の保険料が一生涯変わらない終身タイプと、60歳で保険料の支払いを終え保証は一生受けられる60歳払済タイプ、5年から10年なら期間を決めて満期時に返戻金を受け取れる積立タイプがあります。

それぞれのタイプを比較とすると、保険料の支払額に違いがあり、「おすすめはこのタイプ!」とは一概に言えず、ご自分のライフスタイルに合わせて選択する必要があります。 インターネットで各保険の口コミ情報などを確認するのも、保険タイプ、及び保険会社の比較には有効だと思います。

何歳から女性保険は必要なの?

女性特有の病気である、子宮筋腫や子宮内膜症は10代後半から発症している人もおり、20代と30代の女性に最も多い病気と言われております。

また、乳ガンや子宮がんも他の癌と比べると、若いうちに発症する確率は高いといえます。

女性保険は18歳以上の人でしたら誰でも加入することができます。20歳を超えたら保険のことを考えて、20代半ばまでには女性保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

20代から発症数が増える「子宮がん」

乳癌と同様に若い人で発症する確率が高くなる癌の一つが子宮がんです。女性特有の病気として罹患数も多い「子宮がん」についてご紹介します。

子宮がんとは?

一般的に言われる子宮がんは、子宮頸がん(子宮頸部がん)と子宮体がん(子宮体部がん、子宮内膜がん)のことをいいます。

子宮の入り口部分の上皮から発生するのが「子宮頸がん」であり、子宮の内部にある内膜から発生するのが「子宮体がん」です。

20歳以上の人は自治体により検診を受けられます

「乳がん」は30代後半から発症する割合が増えますが、子宮がんでは20歳から発症する人が増えてきます。

「子宮体がん」は中高年(50歳以降)に発症者数が最も多いのですが、「子宮頸がん」20代後半から発症数が伸び、30代後半でピークとなり、全年齢内で最も発症数が多いとされております。

そのため乳癌と同様に自治体にて検診を受けることが出来まして、子宮がん検診は20歳以降の人が、2年に1回受けられるように規定されております。

早期発見で完治率100%

現在では検診の効果もあり、「子宮頸がん」と診断される人の半数以上が、最も初期の0期だと言われております。

癌の発生した部位にもよりますが、早期発見により温存療法を選択することができ、子供を望んでいる場合でも、子宮がんの治療を行うことができるそうです。

  • <乳がんを知ることから始める>原因・症状や検診/治療方法など
  • <保険の有効性を知る>乳がん検診の費用・がん/女性保険の特徴など
  • <乳ガンに関するコラム>男性のケース・再発・自分で検診方法など