乳がん(乳ガン/乳癌)の検診・症状・治療に関する正しい知識【ブレキャンガイド】
乳房再建

乳房再建で体と心の負担を減らす

乳房温存術により、乳房全てを切除する手術は減ってきているとはいえ、「乳がん」の症状が進んでいる人は全摘の必要が有りますし、温存術でも乳房が変形する場合が多くなります。
精神的な負担を減らすためにも、有効とされているのが乳房再建なのです。

医師との密な連携がメンタルケア・乳房再建には必要です

手術により「乳がん」が完治したとしても、片方の乳房が無い、また左右の大きさや形が違うことで、悩んでいる人は多くおります。

肉体、精神的な不安を減らす効果

乳癌の手術後に自分の姿を見てショックを受けたり、再発の懸念、ホルモン療法などによるイライラなど、ストレスと感じることが多いことから、情緒不安定となり鬱状態になる人も少なくありません。

また片方の乳房が無いことにより、体のバランスが崩れ歩きにくくなったり、肩こりや腰痛などに悩まされている人もおります。

気持ちを明るく保つためにも

乳房を再建することにより、体と心のケアを同時に行うことが出来る場合がありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

再建は良く考えて行いましょう

乳房を全て切除した場合、温存術を受けた場合により再建方法は違ってきます。 手術前はまったく再建を考えていなかった人が、術後に再建を検討するということは良くあるそうです。

手術の必要がある場合には、再建の予定は無いとしても、医師に再建時のことを確認しておくようにしましょう。

再建は年齢・時期に関係無く行えます

基本的に再建を行うのは形成外科医になりますので、再建を行う時期、手術に合わせて可能な再建方法などを、担当医、形成外科医、自分自身で話しあう必要があります。

乳房の再建は切除手術と同時に行う1期と、術後期間をおいて行う2期に別れます。

手術と同時に再建したとしても、「乳がん」の再発が確認されてしまった場合は、再建した乳房を切除しなければいけない可能性も出てきます。

乳房再建の種類を知る

乳ガンにより失った乳房を取り戻す方法としては、大きく分けて2種類あります。 自分の体の筋肉や脂肪を利用する自家組織再建術と、人工物を入れて乳房を形作る人工乳房再建術に分かれます。

ホルモン治療などにより、健側(切除していない方)の乳房も形が変わってしまった場合に、同様の技術が用いられる場合があります。

自家組織再建術

現在行われている手法としては、背中かお腹の皮弁(皮膚と皮下組織)を移植することが多いそうです。

筋肉、血管、脂肪など全てを移植することにより、血行などが安定し移植組織の壊死などの障害を防ぐことが可能となります。

背中から移植する方法を広背筋皮弁法といい、お腹部分の組織を利用する場合は腹直筋皮弁法と呼びます。

現在では血管をそのままにすることで、血行維持、手術による負荷軽減などを図る術式もあります。

大きい乳房を再建するためには、多くの組織を必要とするので、脂肪が多いお腹側が利用されることが多いそうです。

保険適用という大きなメリット

自分の組織を利用することから触感は極自然であり、保険が適用されることから再建に際して費用面での負担が少なくて済みます。しかし移植元の背中やお腹に傷が残ってしまうことと、再建にあたって入院が必要となるなどのデメリットがあります。

人工乳房再建術

自らの組織ではなく、人工物により胸の膨らみを出し、乳房の形を再現する方法が人工乳房再建術です。

多くの場合、美容整形にて利用されるシリコン(コヒーシブシリコンなど)を挿入し、乳房の再建を行います。

乳房切除を行った場合、皮膚が人工物の膨らみに自然になるように、ティッシュ・エキスパンダーという機器により、皮膚組織を伸ばす工程も必要となります。

ティッシュ・エキスパンダーは、生理食塩水を利用して、徐々に組織を拡張する為の機器であり、健側の乳房と同程度までサイズを合わせた後に、シリコンなどと入れ替える手術を行います。

費用が高額となるデメリット

自組織を必要としませんので、乳房部位意外には新たな傷ができる心配はありません。またティッシュ・エキスパンダーの挿入や、シリコンの挿入などは日帰り手術で済むことから、入院の必要が無いというメリットがあります。

しかし、いくら安全な物といえ異物を体内に入れることから、稀に拒絶反応が出る人もいるそうです。また、現在では乳房を形作る人工物により保険が適用されないという問題もあります。

乳頭、乳輪の再建

乳房切除を行った場合、乳房の膨らみと同時に乳頭と乳輪も失ってしまいます。

しかし、乳房再建により膨らみを取り戻し、術後の状態が安定した後(数カ月程度)に、乳頭と乳輪の再建も行われます。

健側の乳頭と乳輪の一部を移植することで再建することができます。

健側の乳頭が小さい人で移植することが出来無い人などは、再建した乳房の皮膚を切り持ち上げ形作ったり、大腿部(太股)の皮膚を移植する方法があります。

健側の乳頭、乳輪の移植が出来無い場合は、色を合わせるために針で色(タトゥ−、刺青)を入れることが多いそうです。

放射線治療による乳房再建時の問題

「乳がん」の治療に有効とされる放射線治療ですが、外部照射の場合は、膚が放射線の影響を受けることから乳房再建の障害となることがあるそうです。

放射線を受けた皮膚は、健常な皮膚と比べると乾燥気味になり、乳房の膨らみを作る際に思うように伸びないことがあるそうです。

乳房温存術と必ずといって良いほどに用いられる放射線治療ですので、治療方法、手術方法を踏まえて乳房再建について、治療・手術前に医師と相談するようにしましょう。

  • <乳がんを知ることから始める>原因・症状や検診/治療方法など
  • <保険の有効性を知る>乳がん検診の費用・がん/女性保険の特徴など
  • <乳ガンに関するコラム>男性のケース・再発・自分で検診方法など