乳がん(乳ガン/乳癌)の検診・症状・治療に関する正しい知識【ブレキャンガイド】
精密検査,乳がん

精密検査で確実な診断

検診を受けることにより、専門医による触診、マンモグラフィと超音波(エコー)により、シコリの有無を確認することができます。
万が一シコリが見つかったとして、本当に悪性の腫瘍(がん)なのか確認するために行うのが精密検査です。

負担の少ない検査方法

マンモグラフィや超音波(エコー)により、本来皮膚を切らなければ確認することができない、乳房の内部の状態を確認することができるようになりました。

小さなシコリ(癌細胞)でも発見することができ、多くの人の命が助かっております。

しかし乳房は全てが脂肪でできている訳ではなく、乳腺組織が存在していることから、完全に癌細胞と、正常な細胞を確認するためには、疑わしい細胞を採取して生検にかけるしかありません。

疑わしいだけで手術は行えず、確実に「乳がん」なのか確認するためには、いくつかの手法があります。

不当な手術を減らすために

実際に組織を採取するためには体にメスを入れなければいけませんでした。小さな傷とはいえ2cmから4cmとなると、意外と大きな傷だと思ってしまいます。

現在ではほとんど目立たない傷で済む検査方法がありますので、安心を得るためにも検診後に精密検査を受けるように言われた場合は、確実に検査を受けるようにしましょう!

穿刺吸引細胞診は注射で細胞を採取

癌細胞の疑いのあるシコリ部分の細胞を、注射を使って採取するのが繊維吸引細胞診という検査方法です。

通常の注射と同じような太さの針を使うことから、局部麻酔などを利用せずに細胞を取ることができます。傷跡も通常の注射と同程度です。

しかし確実に診断できる訳ではなく、細胞を採取することができないという場合もあります。

針生検は小さな傷で高い診断率

穿刺吸引細胞診が細胞を採取するのに対して、針生検では癌細胞と疑いの高い部分の組織を採取することができます。

乳房に局部麻酔をして、太めの針により目で確認できるレベルの組織を取得します。マンモトーム検査よりも傷は小さく済みまして、2mm程度とされております。

マンモトーム検査で確実な生検

針生検よりも太い針状の組織吸引機器を用いて行われるのがマンモトーム検査(マンモトーム生検)です。X線やエコーにて実際にシコリの位置を、画像にて確認しながら行うため、ステレオガイド下マンモトームや超音波装置下マンモトームとも言われます。

針生検同様に乳房に局部麻酔を行い、マンモトームの針を入れるために乳房の皮膚を小さく切開します。画像で確認しながら、シコリ、または石灰化が確認できる部分まで針を差し込み、吸引しながら組織の採取を行います。

マンモトーム検査により確実に「乳がん」であるかの診断を行えるようになったそうです。 傷は他の検査方法よりは大きくなりますが、5mm程度であり時間が経つことでほとんど目立たなくなるそうです。

MRIによる検診

MRIは乳癌と判断された場合、乳房温存手術が行えるか、癌細胞の広がり具合などを確認するために用いられるのが一般的でした。

しかし近年では、マンモグラフィや超音波(エコー)機器を使った検診よりも、乳がん発見率が高いということが分かっており、通常の検診に取り入れる病院も増えているそうです。

マンモグラフィによる乳房の痛みなどもありませんので、通常の検診にMRIが早く取り入れられるようになることが望まれております。

乳頭からの分泌物の検査

乳ガンの多くは乳管内にて発生することから、乳頭から分泌物が出る場合があります。

その場合、分泌物を採取して病理検査を行う分泌物細胞診(分泌液細胞診)により、乳癌であるか確認することができるそうです。

また分泌物の検査にて乳癌の疑いが強い場合は、乳管内の検査が必要になる場合もあります。

乳管内視鏡によって初期の乳ガンを発見

乳頭にある乳管から直径1mmにも満たないファイバースコープを入れ、乳管内に癌細胞が存在しないか確認することができます。

モニターにて実際に乳管内の状態を確認することができ、疑わしい細胞などはファイバースコープにて採取することもできます。

乳癌と間違えやすい乳頭腫などの良性の腫瘍の場合は、そのまま切除することも可能となります。

  • <乳がんを知ることから始める>原因・症状や検診/治療方法など
  • <保険の有効性を知る>乳がん検診の費用・がん/女性保険の特徴など
  • <乳ガンに関するコラム>男性のケース・再発・自分で検診方法など