• <乳がんを知ることから始める>原因・症状や検診/治療方法など
  • 【乳がんの原因】リスクを減らして予防に繋げる
  • 【精密検査】確実な検査を行い乳癌の疑いを晴らす
  • <保険の有効性を知る>乳がん検診の費用・がん/女性保険の特徴など
  • 【検診・治療ハウマッチ】保険対象外!?乳ガンに関するお金の話
  • 【女性保険の必要性】女性特有の病気に対する専用保険
  • <乳ガンに関するコラム>男性のケース・再発・自分で検診方法など
  • 【再発の可能性】手術後から始まる戦い!少しでも危険性を減らす予防法
  • 【若年性乳がん】乳癌を発症しやすい年代がかわってきています!

  • <乳がんを知ることから始める>原因・症状や検診/治療方法など
  • <保険の有効性を知る>乳がん検診の費用・がん/女性保険の特徴など
  • <乳ガンに関するコラム>男性のケース・再発・自分で検診方法など

「乳がん」は全ての女性が知らなければいけない病気

「乳がん」は女性が最も多く発症する病気です。ピンクリボンキャンペーンやメディアなどで検診により早期発見の必要性が訴えられておりますが、あなたは乳がん検診を受けておりますか?

自分は「乳がん」にならないと思っていませんか?

「乳癌は中高年がかかる病気」「私は子供を産んだから大丈夫」何となく聞いたことがある情報を元に、自分は大丈夫と思っている人が多くいると思います。

しかし最新の統計情報では、1年間に5万人を超す人が発症しており、女性が発病する癌で最も多いのが乳ガンです。そして1万以上の人が命を落としているという悲しい事実もあります。

「乳がん」のことを知っていますか?

健康番組などで取り上げられることの多い乳ガンですが、テレビを見た時はシコリが無いか確認したり、検診に行こうと思うけど、次の日には忘れてしまう人が多いと思います。 身体の一部を失ってしまう病気は決して多くはありません。

乳ガンはそのうちの一つであり、大切な乳房を切除しなければならない危険性が高く、発症する確率は他の病気とは比べ物にならないくらい高いのです。

女性であれば誰でも発症する可能性があります!

乳がんは中高年に多い病気と思われがちですが、20代の人でも発症する人がおり「若年性乳がん」と言われております。

また閉経後は女性ホルモン(エストロゲン)の関係から、発症する確率が低くなると思われがちですが、近年は60代以降の発症数も増えているという統計データがあります。 乳ガンは決して他人事ではないということを肝に銘じておいてください。

乳がんに興味を持つことが大切です!

病気になりたいと思ってなる人はいません。誰しもがシコリなどの症状をみつけたり、検診により突然「自分は乳がんかもしれない……」と、ショックを受け不安になってしまうのです。

自分で見つけられるのが乳ガンです

代表的な症状としてある「しこり」により、多くの人が自分で乳ガンを早期発見しております。他の病気の場合は、痛みなどの症状が出てからでなければ気付くことはできません。

乳ガンは痛みなどがでない代わりに、シコリや肌の「ひきつれ」などのサインが現れます。

シコリを小さい段階で確認するためには、月に1度というように定期的にセルフチェック(自己検診)する必要があるのです。

乳がんは決して治らない病気ではありません

検診の必要性が多く訴えられているのは、乳ガンは早期発見することにより完治する確率が高くなり、転移の可能性も抑えられるからです。

また治療の方法としては、以前は乳房全てを切除するのが一般的でしたが、現在では乳房を残す温存術が一般的となりつつあります。抗がん剤やホルモン療法の副作用も以前と比べると遥かに抑えられているのです。

最新治療法が考えられています

放射線は手術で切除仕切れない微細な癌細胞を消滅させたり、再発や転移を防ぐ効果が高いのですが、外部照射では皮膚に影響を与えてしまい、乳房再建の妨げとなることが問題でした。現在では切除した部分に体内から直接放射線を照射して治療することも可能となっております。

乳ガンを切らずに治す方法も考えられており、ラジオ波熱凝固療法などは現在保険適用外ですが、患者の体への負担を減らすことができる、今後の乳がん治療のスタンダードとなることが望まれております。

QOLを高めるために

QOL(Quolity fo Life)とは、直訳すると「生活の質」です。乳癌の手術や治療を受けることにより、以前とは違う体、生活となってしまうことがあり、体と心の負担を減らすことが必要とされております。

体と心のケア

万が一乳癌を発症してしまったとしても、手術や治療を受けたことで、それまでの生活を何ら変りなく送れるように、乳房再建やウィッグ、パッドや専用下着などにより体の変化を減らし、転移や再発などに対する精神的な不安などは、医師はもちろんソーシャルワーカーへ相談したりして解消することができます。

もちろん「乳がん」に対する正しい知識を身につけておくということ自体が、不安やストレスを解消することに繋がる場合もあります。

当サイトが少しでも多くの女性の手助けになればと心より思います。

  • 【乳がんの原因】リスクを減らして予防に繋げる
  • 【乳ガンの転移】生存率に影響する他の「がん」とは違う遠隔転移など
  • 【検診・治療ハウマッチ】保険対象外!?乳ガンに関するお金の話

平成22年6月2日(水)
乳がんの参考リンクを6件追加いたしました。
平成22年6月2日(水)
乳がんサイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。